en建物管理のぶろぐ

大阪市北区南森町・天満周辺の賃貸不動産情報や社員発掘のグルメスポット・おもしろSHOP・元気いっぱい企業・地域密着の新鮮情報地域情報等の交換の場としてブログをはじめました!






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



ゆく年 :: 2011/12/26(Mon)
どうもこんにちは!

FUJIです。

クリスマスも終わり今年も残すところあとわずかばかりとなりました。

毎年この時期になると必ず言いますが、

1年てほんとあっと言う間ですね。

毎年、新年になって初詣でに行って賽銭を5円か10円か調子が良くて

100円玉1枚投げては到底割に合わない、ど厚かましいお願いをし

そのあとおみくじを引いて一喜一憂して1年のスタートをし、

年末になると、そういえば今年は初詣でのおみくじで大吉引いたのに

全然ええこと無かったなぁとか思いながらとりとめのない

1年のおわりを迎える。


ですが今年、日本は大地震に見舞われるなど本当に大変な1年でした。

私自信も持病の手術治療のため入院したりと

いろいろあった1年でした。

まぁ1年あればいろいろあって当然なのですが・・・


みなさん今年も1年本当にお疲れさまでした。

来年は、来年も、みなさまにとって良い1年となりますよう・・・

それではよいお年を。

2011.12.26 FUJI




e-life南森町店 ㈱en建物管理 ←毎日更新!クリックしてください♪





スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



照明 :: 2011/12/15(Thu)
どうも、こんにちは。

FUJIです。

今日は照明の及ぼす人間の判断力への影響を

考えてみたいと思います。

照明の明るさ、色などが違うと人間の判断力や決断力に

違いが生まれてくるのでしょうか?

弊社のように契約を仕事としている者としては非常に

気になる部分なのですが。


というか難しい話はやめにして

当店、実は電球を黄色っぽい電球色のものから

昼白色のLED電球にとりかえました!

CIMG1842_convert_20111215165235[1]


以前は暖かみのある電求色だった為、

日々、睡魔との闘いでした。

昼食のあとの戦いには幾度となく敗れました。

電求色は気持ちを落ち着かせリラックスさせる効果が

あるとされているようで、はっきり言って店舗や事務所にはむいてません。

電求色の光の中で仕事、これ拷問です。

ですが、ついにというかやっとというか白色系の光にかわりました。

白色系の光は心理的に集中力を高め、

なおかつディスプレイなどもシャープにみせる効果が

あるようですので当店のようなお店にはぴったりです。

これでお客様の集中力も高まり契約率も一層のUPが見込めるのでは

ないかと思っております。

今年も残り僅かとなりましたがまだまだ年内お引っ越し

のお客様がいらっしゃいますのでしっかりお手伝いさせて

頂こうと思います!


では、睡魔に襲われ眠くなってきましたので今日はこのへんで。


2011.12.15
FUJI

e-life南森町店 ㈱en建物管理 ←毎日更新!クリックしてください♪






  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



:: 2011/12/10(Sat)
少し前に私の兄が車で事故を起こしました。

居眠り運転です。

国道で信号待ちをしているトラックの後ろにノンブレーキで

突っ込みました。

車の前半分は大破です。

実際の事故車両です・・・

090911_135057_convert_20111210112308[1]

運転していた私の兄は

無傷でした。

意味が分かりません。

廃車の手続きに行った際に本人ですと名乗ると

廃車処理業者が言葉を失ったそうです。

そりゃそうでしょう!

まさか運転手本人がピンピンしてるとは思わなかったでしょうから!

この写真からは生存の2文字が全く見えませんもん。

兄は以前にも同じような事故を2度起こしており

今回で3度目ですが全て無傷です。

さっぱり意味が分かりません。

彼は、誰に、何のために生かされているのでしょうか?


よく生と死は隣り合わせといいますが

やはりこの二つは対極にありそれぞれのもたらす結果には

大きすぎる違いがあります。

人は普段の暮らしの中でなかなか生と死を意識しながら生活

することはないですが、生きることが当然ではないことを

再認識させられます。


この事故の一件から私の兄は地元では『奇跡の人』と

呼ばれるようになり、その生の力を少しでもあやかろうと

見ず知らずの人が握手を求めてくるそうです。

そして兄の住む家は地元ではパワースポットとなりました。


さだまさしの歌の『無縁坂』の一節にもありますが

運がいいとか悪いとかそういうことって確かにあると

私は兄を見てると思います・・・


2011.12.10 FUJI


e-life南森町店 ㈱en建物管理 ←毎日更新!クリックしてください♪










  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



紅葉 :: 2011/12/01(Thu)
先日、京都へ紅葉を見に出かけて参りました。

今回、訪れましたのは通天橋や方丈庭園で有名な東福寺と

悟りの窓や血天井で名高い源光庵です。

今年は色づきが遅かったようですが良い色の移りかわりを

見ることが出来ました。


まずは東福寺から、

紅葉では有名な東福寺の名前の由来ですが

奈良における最大の寺院である東大寺と

奈良で最も盛大を極めた興福寺になぞらえようと

「東」と「福」の字を取り,東福寺としたようです。

ええとこ取りしたわけです。

通天橋からみる紅葉はまた格別です。

DSCF0081_convert_20111201153721[1]

DSCF0083_convert_20111201153658[1]

DSCF0079_convert_20111201153626[1]


つづいて源光庵です。

DSCF0114_convert_20111201154210[1]

DSCF0100_convert_20111201153825[1]


源光庵は悟りの窓、迷いの窓が有名ですが、

血天井でも知られています。

京都に5か所ある血天井のうちの一つがここ源光庵にあります。

関ヶ原の戦いの直前、徳川家康は会津の上杉景勝討伐に向かうため、

留守居として鳥居元忠 以下1800名に伏見城を守らせました。

するとその隙を狙って石田三成の軍勢9万が伏見城を攻めたて

鳥居元忠とその部下は三成軍を少しでも長く京に留まらせ、

会津まで援軍に行かせないようにと奮戦したが遂に力尽き、

落城の際に鳥居元忠ら380名以上が自刃。

鳥居元忠達の遺骸は関ヶ原の戦いが終わるまで約2ヶ月もの間、

伏見城に放置され、その血痕の手形や足形、鎧のあとが縁側の

板に染み付いたのです。

季節は真夏だったので凄まじい死臭だったと思います。

徳川家康はその血痕の染みついた板を足で踏む床板に

してはならぬと縁側からその板をはずし天井にして

手厚く供養したのです。

DSCF0109_convert_20111201154146[1]

貅仙・蠎オ縲?陦?螟ゥ莠廟convert_20111201164836[1]
 血痕の足形

生々しさでは以前訪れた養源院の血天井のほうが

上かと思います。


そしてその血天井とは対照的にひっそりと佇む

二つの窓。

DSCF0105_convert_20111201153929[1]

丸窓は「悟りの窓」と呼ばれ、円型は「禅と円通」の心を表し、

円は大宇宙を表現。

角窓は「迷いの窓」と呼ばれ、角型に「人間の生涯」を象徴し

生老病死の四苦八苦を表していて

いずれも仏教の真理を表わしているそうです。

DSCF0108_convert_20111201154017[1]

一緒に訪れた知人には

人生の侘しさ儚さが見え、

私には人間の尊さ、賤しさが見えました。




嘘です。

私は何も悟る事が出来ませんでした。

年末ジャンボがもし当たったら?!

しか頭にない私はまだまだ修行が足りません・・・


東福寺を開山した聖一国師は言いました。

 「 一時坐禅すれば 一時の仏なり

    一日坐禅すれば 一日の仏なり

    一生坐禅すれば 一生の仏なり 」 



もう一度出直しです。

京都って本当に素晴らしいですね。


2011.12.1 FUJI


e-life南森町店 ㈱en建物管理 ←毎日更新!クリックしてください♪











  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。